2015年6月26日 (金)

緊急事態の宣言

小林節慶大名誉教授の意見

愚かなリーダーもいるのか?

2015年6月 7日 (日)

今後の日本はどうなるか?ひどい状況に 金融緩和はやめろ

安部政権から円安傾向が続いている。これは金融緩和の効果が出てきているのだろう。金融緩和とはそもそも中央銀行が通貨を発行して政府が国債を発行し交換し合うと考えればイメージがわくかもしれない。それだけではないが不動産や株式などを政府が買い上げたりもする。このような政策を金融緩和という。必然的に通貨供給量が増えるとその国の通貨の価値が下がる。日本で言えば円安 ドルまたは外貨高になるのだ。去年までは円が1ドル80円であったが今では120円を越えている。



この金融緩和政策はアベノミクスの1つである。そのほかにもあるが今回は金融緩和で日本はどうなるかを考えてみたい。金融緩和政策で当然おきるのは円安 ドル高または外貨高である。マスコミでは「日本円が安くなるから輸出が伸びる」といっているがそうはならない。日本はほとんどの資源を

この続きはまた後で書く。




2015年5月31日 (日)

新通貨体制に移行

アメリカ政府の借金がかなり増えているのは事実だろう。

日本の借金とは異なり海外(米国以外)からの借り入れが多い。

アメリカ国債の上限が1100兆円であるなら近いうち債務上限を超えて米政府は破綻するかもというより破綻を回避するのは無理だろう。

次にくるのはドルの基軸姓がなくなり通貨が国際的に新通貨体制に移行することだ。ドル決済やドル建ての資産は世界中が拒否すればドルに変わる通貨体制が必要だ。ユーロ 元 円 その他の通過で投資したり決済できる新通貨体制だ。一時期いわれた通過を加重平均する制度SDRなどが検討されるかもしれない。

2015年5月27日 (水)

1000年後1

もう1000年後には日本は滅亡しているかもしれないし人類も滅亡しているでしょう。最近、ホーキング博士が1000年以内に人類が宇宙に進出しないと自滅するといっています。それはおそらく地球という空間が狭くなることをさしているのでしょう。それに比べれば宇宙は広大無辺でかなりの数の構成や惑星が存在します。銀河系も相当な数が存在するでしょう。


この無限にも広がる宇宙に人類はどれほどまでの進出ができるのかと言うとまだ月や火星までにしか生存圏が伸ばせるぐらいの貧弱な科学力しかないでしょう。アニメで言ったらガンダムか蒼き流星レイズナー(グラドス人が攻めてくる直前ぐらい)の地球の科学力ぐらいと考えてよいかもしれません。

現在の科学力は宇宙船やその推進システムなどの大きなものはそれほど飛躍的に進歩することはないと考えてよい。そうなると人類の生存圏は非常に狭い宇宙空間に限定されてしまう。銀河英雄伝のように2800年ぐらいに銀河連邦成立ぐらいになればいいほうかもしれない。今世紀中では火星までが人類の生存圏で有人飛行は太陽系の外縁部までいっているかも知れないが太陽系外の他の恒星系には到達できないだろう。超光速航法やワープなどはまだできるものでもなく200年ぐらいかかるかもしれない。

またこの続きは書く。




2015年5月24日 (日)

2025年には仕事が47%に減る。

正社員は不要になってきている。それと平行して仕事の外注化、ソフトウェアーの普及で会計などの事務員も不要になってきている。


この続きはまた後で書く。

2015年5月20日 (水)

徴兵制度

徴兵制度は閣議決定で決まったとのこと、この制度復活は違憲または日本国民が受け入れられるものでないから徴兵制度は復活はしないというのが日本空気のようなものだがそれは違うだろう。

閣議決定ですべてが決まるようになりつつある今の状況であれば徴兵制が復活するのも時間の問題だ。
この続きはまた書く



2015年5月17日 (日)

2029年問題と2045年問題

科学の進歩に節目がある。産業革命やインターネット元年(1995年)などである。

今回紹介するのは2つである。

①ロボット元年2029年

②技術的特異点2045年



この続きはまた後で書く

2015年5月14日 (木)

集団的自衛権の行使は危険2

この書き込みは「集団的自衛権の行使は危険」 の続きです。

ソマリアの周辺海域の海賊対策や自国が攻められたときの対処は集団的自衛権でなくとも対処できる。個別的自衛権の範疇だろう。日本国内に攻めてきた武装勢力や日本国外での日本の施設や船舶などまた日本人が害されることがあるならその防衛に自衛隊があたることは集団的自衛権にあたらない


安倍総理が憲法の解釈を変更したいなどと考えるのは日本とアメリカとの約束を優先したいと思うからだろう。

このつつきはまた後で書く



«集団的自衛権の行使は危険